Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨 アカサカベースでは、オリジナルの高品質なサウンドグッズ(スピーカー、アンプ等)、 トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないアイデアを活かしたメディアアートをはじめ、 大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

オリジナル小説「秘密の八重歯」第三章 – 10

メンフィスで浮かんだ大きな山

少年Sとノエルの愛読書となっていた雑誌「ボーイズライフ」に、大藪春彦のハードボイルド小説『血まみれの野獣』の連載がスタートしたのは、1968年1月のことだった。恋人との離別や両親の自殺、レース界追放といった不幸にあったオートバイの元レーサーが社会に復讐する物語である。

 

この時、ノエルはすでに19歳、少年Sは18歳になっていた。ノエルはアメリカンスクールを卒業したが進学せずにレーサーを目指してレーシングチームで修行を積んでいた。一方の少年Sは私立高校を2年で中退して立川グループの中枢にいた。しかし、2人の結束は固く、別々の道を歩んでいるように見えても、週に一度は「メンフィス」で会って近況を話し合う関係は続いていたのだ。

 

血まみれの野獣 大藪春彦 新潮文庫

 

ボーイズライフに連載されている『血まみれの野獣』を熱心に読んでいたのはノエルのほうだった。主人公の元レーサーを自分に照らし合わせていたこともある。ある時、ノエルはメンフィスに来る前に書店で買ったボーイズライフを差し出して、Sにこう言った。

 

「この小説の主人公はバイクの元レーサーでね、しかしある時、爆弾を使って擬装したパトカーで現金輸送車を襲って大金を強奪するんだ」

その話を聞いたSは、一瞬真顔になったかと思うと、少し間を置いてからこう言った。

 

「それならオレたちにも、できるんじゃねえか?」

「まさか・・パトカーなんていくらなんでも無理だろう」

 

「いや、白バイを使うのさ」

「白バイ?」

 

「ああ、バイクの塗装なら前にもやったことがある。うまく塗れば、ちっとは本物に見えるにちげーねえさ」

「なるほど・・」

 

その時、常連のセンパイOが2人の横を通った。Oは、店のカウンターでビールを受け取ると、2人のいる席の隣に座って話しかけてきた。

 

「やあ、2人とも元気か? 何の話してたんだ」

ノエルとSは、顔を見合わせて黙り込んだ。

 

「ちょいと話が聞こえたぜ、白バイがどうのこうのって言ってたな」

「・・・」

 

「まあ、何か困ったことでもあったら、オレに相談してくれよ。いつでも話を聞いてやるぜ」

Oはそう言って少年Sの肩を叩くと、オーナーのいるカウンター席に移っていった。

 

「どうする?」

ノエルがそう聞くと、少年Sは小声で答えた。

 

「うん、この話はまだ秘密だ。ただ、グループの連中を巻き込むくらいなら、あのオッサンに手伝ってもらったほうがイイ気もする。そんなときゃあ、相談するのもアリだな」

「しかし、あのオッサン、一体何者なんだかよく分からないぜ」

 

ノエルがそう答えると、Sはうなずいて「ちょっと外で話そうか」と言うと、2人分の会計を済ませて先に店を出ていった。ノエルは、こちらを見ていたセンパイOに挨拶すると、Sの後を追って外に出た。2人が去った後のテーブルには、「ボーイズライフ」が残されていた。

 

ボーイズライフ 1968年 2月号 小学館

 

少年Sは、外を歩きながら話を続けた。

「あのオッサンの正体についてだが、どうやら賭博師らしいぜ」

「賭博師?」

 

「ああ、賭け事ならなんでもやるっちゅう噂だ。特に強えのは競馬とパチンコらしい」

「競馬とパチンコかぁ」

 

「そう、店のマスターから聞いた話では、競馬で大穴を当てて、当分食うには困らねえそうだよ。噂によると、500は取ったらしいぜ」

「なんだって!?」

 

「だから、カネは持ってる。今回の計画を実行するには、ある程度のカネも必要だろう?」

「そうかもしれないな」

 

「さっきの小説の話だが、その現金強奪についての話をこんど詳しく教えてくれよ」

その時、ノエルは喫茶店に雑誌を忘れてきたのを思い出した。

 

「そういえば、雑誌をメンフィスに忘れてきた。オレは店に戻るから、また近いうちに会おうぜ」

ノエルは、そう言って少年Sと別れた。

関連記事

Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨

Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨

アカサカベースでは、トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないユニークなアイデアを活かしたサウンドグッズをはじめ、大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

屋号 Akasaka Base
住所 〒107-0052
東京都港区赤坂7-5-46
電話番号 03-3584-0813
営業時間 13:00〜18:00
定休日:土日祭日
代表者名 前嶋とおる
E-mail info@akasakabase.com

コメントは受け付けていません。

Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨 アカサカベースでは、オリジナルの高品質なサウンドグッズ(スピーカー、アンプ等)、 トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないアイデアを活かしたメディアアートをはじめ、 大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

〒107-0052 東京都港区赤坂7-5-46 #101

TEL:03-3584-0813

営業時間:13:00〜18:00
定休日:土日祭日

MAPを見る

Notice 工房へいらっしゃる場合は、事前にメールか電話で連絡の上お越しください。