Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨 アカサカベースでは、オリジナルの高品質なサウンドグッズ(スピーカー、アンプ等)、 トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないアイデアを活かしたメディアアートをはじめ、 大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

アンティーク缶スピーカー『CAN SPEAK アンビエント』

¥7,800(税込)

購入はこちら

説明

レトロな空き缶がスピーカーになった!?

アンティークなデザインの空き缶を使った、全方位型のスピーカー(2本セット)です。
最大の特徴は、スピーカーユニットを逆向きに取り付けることで、缶の空洞へリング状に空気を送り、その跳ね返りをコーンを通して排出させ、音を響かせるリングリバウンド方式を採用している点です。

 

リングリバウンド方式とは?

簡単に説明すると、ドラムや太鼓の音が丸い空洞を共鳴させて音を増幅するのと同じ原理です。
缶などの円筒形状に沿って伝わった音波を底面で反射させ再びリング状の音波として跳ね返らせることで自然なエコーを創出し、ユニットのコーンをフィルターとして外部に音を伝達させるオリジナル技術です。

円筒内を音波がリング状に伝わる特性を利用して、中低音を効率よく増幅させると同時に、高音はユニットの背面から4つの方向へと拡散させることで、音が360°立体的に広がるという特徴を持っています。

 

アンビエント型ってどんなスピーカー?

通常のスピーカーのように、レコーディングエンジニアがミックスした音源の定位を楽しむのではなく、音が部屋のなかに広がっていくのを楽しむ空間型のスピーカーのことです。

特にオフマイクで録音されたクラシックなどの音源ソースの再生に向いており、PAやマイクなどの機材を使わずに生音だけで精緻に作られたオーケストラを自然な残響とともに聴かせてくれます。また、ジャズやアコースティック系の音楽では、時にハッとするような音場を空間に浮かび上がらせてくれる、とてもユニークで楽しいスピーカーです。デスクトップなどのニアフィールドで使っても良いし、サブスピーカーとしてメインのスピーカーの上に載せて使っても楽しめると思います。

 

ズバリ、どんな音がするの?

音の特徴としては、蓄音機的な奥行きを感じさせる音です。SP盤が主流だった時代の音源にぴったりで、フルトヴェングラーやクナッパーツブッシュ、トスカニーニなどのクラシックから、ビリー・ホリディ、チャーリー・パーカー、ベニークッドマンなどのジャズ、ディズニーランドのBGMでかかっているような古き良きアメリカの大衆音楽をみずみずしく再生してくれます。

 

反面、現代のポップスやロック、ディスコ音楽のような刺激的な音楽には向きません。1930~1940年代に録音された音源や、ワンポイントステレオで録音されたライブ音源には良さを発揮するスピーカーです。

 

現在、朝のひとときに小さめの音でクラシックを聴くときに使ってますが、刺激的な音はフィルタリングしてくれるので長時間聴いても疲れません。あなた独自の使い方を見つけて楽しんでもらえたらうれしく思います。

 

スピーカーユニットには、5cmフルレンジを使用。オーソドックスなコーン紙を使っているため、エイジングすればするほど音が良くなっていく育て甲斐のあるユニットです。また、マグネットの磁力は強力でフレームも堅牢に作られており、重量もある本格志向のスピーカーユニットです。

 

■CAN SPEAK アンビエント(2本セット)

エンクロージャー:ドラム缶式 密閉型
サイズ:縦13cm×6.7cmφ
ターミナル:バナナ端子 (L黒) (R赤)

製作にあたって、資材調達ができなくなった時点で、本スピーカーは製造中止となります。
当方の手元にある在庫がなくなり次第終了となりますので、ご検討中の方は早めにオーダーいただくことをおすすめします。
世界で唯一のアンティーク缶スピーカー『CAN SPEAK アンビエント』を、お早めにGETしてください!

 

<ご使用にあたっての注意事項>
●接続にはバナナプラグ付きのスピーカーケーブルをご使用ください。
●音楽を聴くためには別途アンプが必要です。
●スピーカーは分解できません。
●バナナ端子がゆるんだ場合は、ラジオペンチなどでナットを固定しながらプラスドライバーでネジを締めてください。

関連商品

Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨

Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨

アカサカベースでは、トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないユニークなアイデアを活かしたサウンドグッズをはじめ、大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

屋号 Akasaka Base
住所 〒107-0052
東京都港区赤坂7-5-46
電話番号 03-3584-0813
営業時間 13:00〜18:00
定休日:土日祭日
代表者名 前嶋とおる
E-mail info@akasakabase.com

コメントは受け付けていません。

Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨 アカサカベースでは、オリジナルの高品質なサウンドグッズ(スピーカー、アンプ等)、 トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないアイデアを活かしたメディアアートをはじめ、 大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

〒107-0052 東京都港区赤坂7-5-46 #101

TEL:03-3584-0813

営業時間:13:00〜18:00
定休日:土日祭日

MAPを見る

Notice 工房へいらっしゃる場合は、事前にメールか電話で連絡の上お越しください。