Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨 アカサカベースでは、オリジナルの高品質なサウンドグッズ(スピーカー、アンプ等)、 トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないアイデアを活かしたメディアアートをはじめ、 大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

レトロ缶スピーカー『CAN SPEAK C&B』 コンランショップ

¥18,000(税込)

購入はこちら

説明

コンランショップの紅茶缶がスピーカー!?

イギリスの紅茶ブランド『C&B カートライトアンドバトラー EARL GREY TEA BAGS』の缶を使った、全方位型のスピーカー(2本セット)です。アンティークな缶のデザインが秀逸で、部屋に置いておくだけでも可愛らしい世界に類を見ないハンドメイド作品です。
 
『CAN SPEAK C&B』の最大の特徴は、スピーカーユニットを逆向きに取り付けることで、缶の空洞へリング状に空気を送り、その跳ね返りをコーンを通して排出させ、音を響かせるリングリバウンド方式を採用している点です。簡単に説明すると、ドラムや太鼓の音が丸い空洞を共鳴させて音を増幅するのと同じ原理です。
 

リングリバウンド方式とは?

缶などの円筒形状に沿って伝わった音波を底面で反射させ再びリング状の音波として跳ね返らせることで自然なゲートエコーを創出し、ユニットのコーンをフィルターとして外部に音を伝達させる独自の技術です。
 
ご存知のように、スピーカーはコーン(スピーカー表面の皮)がピストン運動することによって音を伝達させる仕組みです。
常に同じ周波数の音波をコーンの表裏で発生させており、スピーカーユニット単体で音を出すと、滞留する性質をもつ低い周波数同士は干渉して音を打ち消しあうため響きません。拡散する性質をもつ高音しか聴こえないのはこの波の干渉原理があるためです。
 
このスピーカーは、円筒内を音波がリング状に伝わる特性を利用して、中低音を効率よく増幅させると同時に、高音はユニットの背面から4つの方向へと拡散させることで音が前後左右に広がるという特徴を持っています。
 

定評のある国産のフルレンジスピーカーユニットを使用

スピーカーユニットには、7.7cmフルレンジ PM-M0841CKを使用。コストパフォーマンスの高い高音質スピーカーユニットとして知られる製品です。マグネットの磁力は強力で、ビスなどのパーツを次々と吸い寄せてしまうだけでなく、ハンダ付けの際にハンダゴテごと吸い寄せて作業が中断してしまうほどの威力です。エッジにラバー、コーンにクロス/プラスチックを採用しており、はじめからしなやかな駆動でエイジングの必要も感じさせないほど能力を発揮します。
 

このスピーカーの特徴は、生音に近い音場感!

通常のスピーカーのように、レコーディングエンジニアがミックスした音源の定位を楽しむのではなく、アンビエントに音が広がっていくのを楽しむ空間型のスピーカーになります。特にオフマイクで録音されたクラシックなどの音源ソースの再生に向いており、PAやマイクなどの機材を使わずに生音だけで精緻に作られたオーケストラを自然な残響とともに聴かせてくれます。また、ジャズやアコースティック系の音楽では、時にハッとするような音場を空間に浮かび上がらせてくれる、とてもユニークで楽しいスピーカーです。
 
まるで蓄音機のような奥行きのあるサウンド
このスピーカーの真価が発揮されるのは、1930~1940年頃に録音されたクラシックやジャズなどの古い録音の音源です。東京ディズニーランドでかかっているような古き良きアメリカの大衆音楽にもよく合います。マニアの間で高価で取り引きされているSP盤、ラッパ型の蓄音機に近い音を手軽に味わうことができます。構造的に近いためか、トランペットやサックスなどの金管楽器も得意です。
 
ビリー・ホリディ、チャーリー・パーカー、ナット・キングコール、ルイ・アームストロングなどのジャズをはじめ、トスカニー二やフルトヴェングラー、クナッパーツブッシュなどの古いクラシックの音源をぜひ聴いてみてください。現代的なオーディオでは味わえない、奥行き感のある瑞々しい音が楽しめると思います。ベニーグッドマン楽団の「Sing, Sing, Sing」など、まるで当時の蓄音機で聴いているような生々しさです。
 
一方、一般的なハイファイステレオ音源の再生には向きません。古い録音とは一転して振幅変調されたAMラジオ的な音になります。このため、一般的なステレオやヘッドホンで聴くようなメリハリ感の強い音、スタジオモニター的な音とは異なりますのでご注意ください。古い時代に録音されたレコーディング、数々の歴史的な名演を楽しむ際のスピーカーとして使っていただくのがおすすめです。
 
1台づつ別の場所で使ってもOK!
全方位型ですので、セッティングは自由です。モノラルアンプにつないで1台ずつ別の場所に置いて使っても良いでしょう。古い録音の音源に向くので、モノラルにこだわった使い方(モノラルアンプにモノラルのカートリッジなど)も理にかなっていておすすめです。
 
なんといっても、唯一無二のデザインの世界に類を見ないスピーカーですので、置いておくだけでも目を引くと思います。
寝る前や朝のひとときに小さめの音でクラシックを聴いたり、スイングジャズを大音量で聴いていると、思わず踊りたくなるような臨場感を味わえます。ぜひ、あなた独自の使い方を見つけて楽しんでみてはいかがでしょう。
 
■CAN SPEAK C&B仕様(2本セット)
エンクロージャー:ドラム缶式 密閉型
サイズ:縦21.5cm×9.5cmφ(突起部分含まず)
ターミナル:バナナ端子 (L黒)  (R赤)
 
■PM-M0841CK仕様
ユニット口径:77mm
インピーダンス:8Ω
入力:10W
再生周波数:150~10KHz
最低共振周波数:200Hz
 
本スピーカーは受注生産となります。商品のお届けまでに一週間ほど時間をいただいております。あらかじめご了承ください。
ハンドメイドによる世界で唯一のアンビエント型スピーカー『CAN SPEAK C&B』を、ぜひこの機会にご購入ください!
 
<ご使用にあたっての注意事項>
●接続には必ずバナナプラグ付きのスピーカーケーブルをご使用ください。
●音楽を聴くためには別途アンプが必要です。
●スピーカーは分解できません。上蓋は開閉可能のため、吸音材を仕込むなどのチューニングができます。
●バナナ端子がゆるんだ場合は、ラジオペンチなどでナットを固定しながらプラスドライバーでネジを締めてください。

関連商品

Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨

Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨

アカサカベースでは、トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないユニークなアイデアを活かしたサウンドグッズをはじめ、大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

屋号 Akasaka Base
住所 〒107-0052
東京都港区赤坂7-5-46
電話番号 03-3584-0813
営業時間 13:00〜18:00
定休日:土日祭日
代表者名 前嶋とおる
E-mail info@akasakabase.com

コメントは受け付けていません。

Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨 アカサカベースでは、オリジナルの高品質なサウンドグッズ(スピーカー、アンプ等)、 トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないアイデアを活かしたメディアアートをはじめ、 大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

〒107-0052 東京都港区赤坂7-5-46 #101

TEL:03-3584-0813

営業時間:13:00〜18:00
定休日:土日祭日

MAPを見る

Notice 工房へいらっしゃる場合は、事前にメールか電話で連絡の上お越しください。