Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨 アカサカベースでは、オリジナルの高品質なサウンドグッズ(スピーカー、アンプ等)、 トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないアイデアを活かしたメディアアートをはじめ、 大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

Gibson L-1 1929 ロバート・ジョンソン

¥1,000,000(税込)

購入はこちら

説明

ロバート・ジョンソンも使っていた Gibson L-1 です!

ギブソン社の歴史を語る上で、避けて通れないギターが何本かあります。このギターは間違いなくそのうちの1本です。そう、ブルースギターの伝説であるロバート・ジョンソンも使っていたヴィンテージスモールの王様、 The Gibson L-1 1929 です。

 

このギターの何がすごいのか? 弾いてみればすぐに分かります

このギター、持った瞬間に感じるのは、サイズからは考えられない軽さです。この時代の軽くて固いギターというのは、弾いてみた人なら知ってると思いますが、完全にバケモノです。一般のギターとは、次元がまったく異なります。よく、音が大きく出るギターのことを「鳴る」といいますが、この ギターから出る音はそんなレベルではありません。弾いている自分の胸元から体全体が共鳴して、まるで楽器の一部になったような錯覚を覚えるくらいの鳴り方です。

 

ロバート・ジョンソンの聖地で魂が込められた奇跡のギター

このL-1は、ノースカロライナに住むマイケルというわたしの友人から譲ってもらった貴重なギターです。ブルースギタリストで、RJ(ロバート・ジョンソン)を敬愛するマイケルは、ノースカロライナから573マイル、時間にして9時間以上をかけてロバート・ジョンソンが永眠するミシシッピー州グリーンウッドの墓地までロングドライブしました。そしてマイケルは、RJの墓地の横に座って “Swing Low Sweet Chariot”を弾いたのです。そのときの様子は下記の動画で観ることができます。

 

 

アメリカから日本へのクロスロードで、悪魔に魂を込められたギター

このギターはマイケルとの往復メール36通と40日間を経て、ノースカロライナから遥々東京へとやって来ました。しっかりとした重いハードケースを開けると、信じられないほど軽くて固い Mr Robert Johnson が入ってました。 長い船旅を終えるあいだに、きっとこのギターは悪魔とふたたび遭遇してRJが売った魂を取り戻したに違いありません。

 

ジャラ〜ンと鳴らした瞬間に鳥肌が! まさにRJの魂が宿っている!?

「百聞は一見にしかず」と言いますが、それはまさにこのギターのためにあるようなことわざです。写真やYoutubeで何度も見たり聞いたりしてきたL-1ですが、ひとたびこのギターを弾いてしまうと、その音の虜になって、RJの魂が乗り移ってしまうことでしょう。弾いてしまったら最後、もう二度と手放したくなくなるはずです。そんな奇跡の1本を、アカサカベースで特別に扱うことにしました。ぜひ一度、手にとってみてください。

関連商品

Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨

Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨

アカサカベースでは、トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないユニークなアイデアを活かしたサウンドグッズをはじめ、大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

屋号 Akasaka Base
住所 〒107-0052
東京都港区赤坂7-5-46
電話番号 03-3584-0813
営業時間 13:00〜18:00
定休日:土日祭日
代表者名 前嶋とおる
E-mail info@akasakabase.com

コメントは受け付けていません。

Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨 アカサカベースでは、オリジナルの高品質なサウンドグッズ(スピーカー、アンプ等)、 トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないアイデアを活かしたメディアアートをはじめ、 大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

〒107-0052 東京都港区赤坂7-5-46 #101

TEL:03-3584-0813

営業時間:13:00〜18:00
定休日:土日祭日

MAPを見る

Notice 工房へいらっしゃる場合は、事前にメールか電話で連絡の上お越しください。