Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨 アカサカベースでは、オリジナルの高品質なサウンドグッズ(スピーカー、アンプ等)、 トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないアイデアを活かしたメディアアートをはじめ、 大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

和製シャンソンの名盤「初めまして 金子由香利」

珠玉のレコードとの奇跡的な出会い

このレコードとの出会いは、2019年6月17日に突然やってきた。わたしの行きつけのレコード店で数週間前から売れ残っていた「初めまして 金子由香利」という中古LPを買って帰ったのだ。しかもこのレコード、なんと100円で売られていたのだから、これを運命と言わずになんと言おうか。

 

1973年に発売されたトリオの12インチ

「初めまして 金子由香利」が発売されたのは1973年のこと。1973年といえば、洋楽ではピンク・フロイドの「狂気」、マイク・オールドフィードの「チューブラー・ベルズ」、ビートルズの「赤盤」に「青盤」、邦楽ではチェリッシュの「スーパー・デラックス」、よしだたくろうの「元気です。」などが発売された12インチLPの当たり年と言われた年である。

 

 

歌唱、語り、伴奏のすべてが一級品!

レコードの内ジャケットに書かれた解説によると、この1973年時点で金子由香利は12インチレコードを出したことがなかったとあるので、実質的なデビューアルバムのようだ。ただし、この時点で20年近いキャリアと書かれているため、シャンソン界ではすでにベテランだったようである。声楽家・オペラ歌手として有名な佐藤美子の門下生とある。

 

もう、二度と訪れるつもりはなかった

この浜辺には 思い出がいっぱいだから

あなたとの幸せが埋められている

海に近い あの小さなホテル

そこでわたしたちは 沈みゆく太陽と

明日という日を 約束した・・・

 

静謐なストリングスとアルペジオの伴奏をバックに、この語りからはじまる「愛の砂漠」の、何というドラマティックなことか。ながらく、ライブ演奏をともにしてきたであろう、バック陣の演奏とストリングスが完璧に溶け込んでいる。これを奇跡的な演奏と言わずになんというべきか、言葉が見つからない。

 

日本語の語りと歌、フランス語と交互に行き交う浮遊感、そしてなんとも優雅な演奏と研ぎ澄まされたアレンジ、そのどれもが一級品だ。もちろん、録音もすばらしく、今後わたしのオーディオチェック用音源になることは間違いないだろう。日本の戦後カルチャーの底知れない力に、ただただ敬服するばかりである。

Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨

Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨

アカサカベースでは、トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないユニークなアイデアを活かしたサウンドグッズをはじめ、大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

屋号 Akasaka Base
住所 〒107-0052
東京都港区赤坂7-5-46
電話番号 03-3584-0813
営業時間 13:00〜18:00
定休日:土日祭日
代表者名 前嶋とおる
E-mail info@akasakabase.com

コメントは受け付けていません。

Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨 アカサカベースでは、オリジナルの高品質なサウンドグッズ(スピーカー、アンプ等)、 トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないアイデアを活かしたメディアアートをはじめ、 大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

〒107-0052 東京都港区赤坂7-5-46 #101

TEL:03-3584-0813

営業時間:13:00〜18:00
定休日:土日祭日

MAPを見る

Notice 工房へいらっしゃる場合は、事前にメールか電話で連絡の上お越しください。