Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨 アカサカベースでは、オリジナルの高品質なサウンドグッズ(スピーカー、アンプ等)、 トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないアイデアを活かしたメディアアートをはじめ、 大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

NOVEL

オリジナル小説「秘密の八重歯」第二章 – 12

家族との5年ぶりの再会、そしてノエルとの別れ それから数日後の週末、キヨはノエルを連れて麻布の笄町にある実家へと向かった。実に5年ぶりの里帰りである。国鉄京浜線で品川まで行き、そこからはタクシーで笄町へと向かうルートだ。こうした交通費や宿泊費などはすべて経費として申請することができる。交通手段や宿泊先を選ぶのはエージ...

オリジナル小説「秘密の八重歯」第二章 – 11

ワシントンから羽田への晴れ晴れとした旅路 日本への旅立ちの日、キヨとノエルは夫の運転するマーキュリー8で、自宅のあるアーリントンのブルーモントから、ワシントンナショナル空港へと向かっていた。時間にして、わずか12分という距離である。リチャードが勤務するペンタゴンにも5分以内で行ける場所にその空港はある。  ...

オリジナル小説「秘密の八重歯」第二章 – 10

ひとときの家族団欒、そしてふたたび別居生活へ CIAの語学教育責任者から呼ばれて、新たなミッションを宣告されてから数日後、リチャードからペンタゴンへの転勤が決まったという知らせがキヨの元へ届いた。彼からすれば、これでやっと親子3人そろっての生活ができるという喜びに満ちた報告である。 まさか、キヨが日本に帰国しなけれ...

オリジナル小説「秘密の八重歯」第二章 – 9

バージニア州アーリントンでの新生活 キヨとリチャード、それにノエルの家族3人は、バージニア州のアーリントンにある一軒家に移り住んだ。大きな通り沿いに建つレンガ造りの家で、平屋だが屋根裏が付いたオーソドックスな建物だ。ワシントンDC郊外の家並みは、広い道路に大きな庭のある平屋建ての建物が多い。敷地が広いため2階建てにす...

オリジナル小説「秘密の八重歯」第二章 – 8

ノエルの幼年期にとって大きな存在だったアリス 週が開けて、アリスはベビーシッターの最初の訪問日となる月曜日に、キヨが待つリチャード宅を訪れた。季節は6月の後半ですでに大学は夏休みに入っていたが、キヨは毎日通学して単位をとるための勉学に励んでいた。   [caption id="attachment_...

オリジナル小説「秘密の八重歯」第二章 – 7

近所に住んでいた“メアリー・ポピンズ” ノエルが生まれてからのリチャード家は、激動の日々だった。リチャードは、アメリカ陸軍航空軍 (U.S.Army Air Forces; USAAF) の所属だったが、1947年9月18日にスチュアート・サイミントンの初代空軍長官への就任が承認されたことで、ノエルが生まれたころには...

オリジナル小説「秘密の八重歯」第二章 – 6

流れ星が運んでくれた“星の王子さま” リチャードの星への願いが通じたのか、入籍から数カ月後にはキヨの妊娠が判明した。その知らせを受けて一番喜んだのはリチャードだった。もちろん、キヨも嬉しかったのだが、産休で大学を休まなくてはならなくなること、育児と勉学の両立、そして何よりも中央情報部が難色を示すのではないかという不安...

オリジナル小説「秘密の八重歯」第二章 – 5

半年後の6月に響いた3つの鐘の音 翌年の1947年の5月3日、日本で新しい憲法が施行されるころ、キヨはリチャードの熱烈なプロポーズに根負けするかたちで、彼と結婚する決意を固めていた。式はリチャードの地元、クリーブランドでもっとも由緒のあるオールド ストーン教会で挙げられることになった。その名の通り、古い石造りの歴史的...

オリジナル小説「秘密の八重歯」第二章 – 4

留学先の異国で揺れ動いた恋の振り子 Y氏は、遠いアメリカのミシガンで健気に生きているキヨのことを思い、返信を書くことにした。慣れない土地に加えて、占領国からの留学生ということもあり、手紙には書けないような辛いこともあるに違いない。彼女を勇気づけるためにも早めに返事を書かなくては・・。 Y氏は、キヨとの別れのあとに起...

オリジナル小説「秘密の八重歯」第二章 – 3

海を渡って届いた一通の手紙 それから数カ月後、キヨはミシガン大学へ留学するために横浜から船に乗ってアメリカへと旅立った。キヨは、アメリカへの渡航が許された数少ない日本人の一人だった。戦後間もないこの時期は、GHQが許可あるいは要請する日本人以外は国外に出ることは禁じられていたからだ。   その日、横浜港...

オリジナル小説「秘密の八重歯」第二章 – 2

限られた時間のなかでの異なる慕情 キヨは、指定された時刻にホテルの玄関前で待っていた。アメリカ人建築家のF.L.ライトが設計したその建物は、西洋と日本のデザインをミックスさせた和洋折衷の外観デザインで知られ、ライト自身がデザインした照明器具やステンドグラスといったインテリアに至るまで、細部まで贅のかぎりを尽くした名建...

オリジナル小説「秘密の八重歯」第二章 – 1

第二章 夢がかなったアメリカ留学と新たな出会い Y氏が掘りだした隕石がGHQの管理下に置かれてから半年後の9月、キヨはアメリカ政府の支援を得て、アメリカのミシガン州へと留学を果たした。表向きはアメリカ政府による Government And Relief In Occupied Areas(占領地域救済策)という名...

Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨 アカサカベースでは、オリジナルの高品質なサウンドグッズ(スピーカー、アンプ等)、 トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないアイデアを活かしたメディアアートをはじめ、 大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

〒107-0052 東京都港区赤坂7-5-46 #101

TEL:03-3584-0813

営業時間:13:00〜18:00
定休日:土日祭日

MAPを見る

Notice 工房へいらっしゃる場合は、事前にメールか電話で連絡の上お越しください。