Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨 アカサカベースでは、オリジナルの高品質なサウンドグッズ(スピーカー、アンプ等)、 トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないアイデアを活かしたメディアアートをはじめ、 大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

アカサカベースの廃盤アワー 第10話

「ピクニック」オリジナル・サウンドトラック

アカサカベースの廃盤アワーの第10話で紹介するのは、1955年のアメリカ映画「ピクニック」のサントラ盤。ジャズスタンダードの「ムーングロウ」をフューチャーしつつも、ジョージ・ダニングのオリジナルスコアと、オークストラの指揮を担ったモーリス・ストロフが素晴らしい仕事をしており、単なるサウンドトラックの域を超えた現代音楽としても大いに評価できる内容となっている。

 

 

 

ブロードウェイのヒット作を映画化! 息を呑むダンスシーンが見もの。

もともとは、ウィリアム・インジがブロードウェイ劇のために書いた戯曲を映画化したのがこの映画だが、監督は今作で初のメガホンを執ったジョシュア・ローガンで、ブロードウェイの監督も担当していた影響であろう、ときに舞台劇を観ているかのような長回しの演出が目を引く。最大の見どころは、ピクニック中に踊り出すウィリアム・ホールデンとキム・ノヴァクによる、うっとりするようなダンスシーン。観るものに希望を与える二人の演技は、日本でも評判を呼び映画はヒットした。

 

 

主人公たちの心の機微を見事に表現したスコアと名曲ムーングロウが光る

このサウンドトラックが素晴らしいのは、名曲ムーングロウの忘れられない旋律はもちろんだが、古き良き時代のアメリカを舞台に主人公たちが織りなす心の機微を繊細に表現しているオリジナルスコアの秀逸さにある。ときには可憐に、そしてドラマティックに変化していく楽曲は、まるでオペラを観ているかのような抑揚に富んでおり、スコアそのものが演劇的だ。劇伴としてではなく独立した組曲としても聴きごたえ十分な作品となっている。映画も素晴らしいので、気になった方はぜひ一度観てほしい。2年前に公開されて大ヒットした西部劇「シェーン」を大人向けにしたような名画である。

 

関連記事

Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨

Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨

アカサカベースでは、トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないユニークなアイデアを活かしたサウンドグッズをはじめ、大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

屋号 Akasaka Base
住所 〒107-0052
東京都港区赤坂7-5-46
電話番号 03-3584-0813
営業時間 13:00〜18:00
定休日:土日祭日
代表者名 前嶋とおる
E-mail info@akasakabase.com

コメントは受け付けていません。

Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨 アカサカベースでは、オリジナルの高品質なサウンドグッズ(スピーカー、アンプ等)、 トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないアイデアを活かしたメディアアートをはじめ、 大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

〒107-0052 東京都港区赤坂7-5-46 #101

TEL:03-3584-0813

営業時間:13:00〜18:00
定休日:土日祭日

MAPを見る

Notice 工房へいらっしゃる場合は、事前にメールか電話で連絡の上お越しください。