Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨 アカサカベースでは、オリジナルの高品質なサウンドグッズ(スピーカー、アンプ等)、 トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないアイデアを活かしたメディアアートをはじめ、 大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

オリジナル小説「秘密の八重歯」第五章 – 6

犯行の影に隠れていた知られざる工事車両 1968年12月10日の午前零時過ぎ、ノエルと少年SはふたたびセンパイOの家へと到着した。家の庭には、工事用の小型トラックが駐まっている。その荷台には、立入禁止の看板が4つ載せられていた。いつ、どこで、どうやってこのトラックを調達したというのか? そのあまりの準備の良さに2人は...

オリジナル小説「秘密の八重歯」第五章 – 5

犯行前夜の最終ミーティング 12月9日、決行日の前日となる月曜の午後、ノエルと少年Sは最終ミーティングのために賭博師Oの家へと別々に向かっていた。ノエルは立川から、少年Sは新宿のゲイボーイ宅から電車で別々にやってきた。この日の天気は曇りだが、決行日となる明日の天気は雨の予報だ。   Oは、少年Sのために...

オリジナル小説「秘密の八重歯」第五章 – 4

犯行の表舞台に立つ2台のカローラ センパイOから2人への次の司令は、犯行に使う2台のクルマを用意することだった。特にこの2台は重要な意味を持つ。1台は現金輸送車からジュラルミンを載せ替えて逃走用に使うクルマ。もう1台は、現送車の前を走って栄町の空地で白バイに乗り換える際に使うクルマである。2台は、なるべく目立たない、...

オリジナル小説「秘密の八重歯」第五章 – 1

第五章 ホンダドリームからヤマハスポーツへ 11月に入ると、現金強奪に向けての準備がいよいよ佳境に入ってきた。まずは、少年Sが扮する白バイ警官が乗るオートバイの調達だ。当時の白バイといえば、そのほとんどはホンダ製である。そこで、ターゲットをホンダの中型以上のバイクに絞って物色を進めることになった。   ...

オリジナル小説「秘密の八重歯」第四章 – 11

9月に3人で描いた青写真 9月25日の“リハーサル”に向けて、ノエルと少年Sに課されたのは、現送車を追尾するための新たなクルマを調達することだった。大きなヤマに向けては、まだやらなくてはならないことは多いが、現送車に気が付かれては元も子もない。万全を期して実行するためには周到な準備が必要だ。普段は大胆すぎるくらいに横...

オリジナル小説「秘密の八重歯」第四章 – 8

盆の月に羽ばたいた青い鳥 8月の現金輸送車の追尾は23日に行うことになった。何故なら、25日が日曜日で東芝の給料日が前倒しになるのを事前に調べて知っていたからだ。給料日の確認は簡単である。東芝の社員を装って経理部に電話をすれば簡単に教えてもらえたし、給料日に合わせてチラシを刷る印刷会社や生協、商店街ならどこでも知って...

Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨 アカサカベースでは、オリジナルの高品質なサウンドグッズ(スピーカー、アンプ等)、 トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないアイデアを活かしたメディアアートをはじめ、 大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

〒107-0052 東京都港区赤坂7-5-46 #101

TEL:03-3584-0813

営業時間:13:00〜18:00
定休日:土日祭日

MAPを見る

Notice 工房へいらっしゃる場合は、事前にメールか電話で連絡の上お越しください。