Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨 アカサカベースでは、オリジナルの高品質なサウンドグッズ(スピーカー、アンプ等)、 トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないアイデアを活かしたメディアアートをはじめ、 大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

BLOG

Heinekenのボトルを使った照明グッズ

Heinekenのボトルを使って何かをつくろう! パーティで飲み終わったハイネケンの空き瓶がたくさん余ってしまった。空き缶なら捨ててしまうところだが、空き瓶は一輪挿しにしたり、そのまま飾りにしたりと使いみちがありそう・・・。いっそのこと、このボトルを使って何かつくってみてはどうか? そこでひらめいたのが、LEDラ...

オールインワンのプレーヤー Superior LP をカスタマイズ

すべての入力ソースがそろった便利なプレーヤー ION  Superior LP 先日、アカサカベースに新たに加わったマルチプレーヤーの「Superior LP」。レコード、カセット、CD、FM/AM、Bluetoothと、アナログからデジタルまで豊富な入力ソースを1台にまとめたユニークなサウンドガジエットです。あとM...

キャンベルスピーカーの音を聴こう!

キャンベル缶スピーカー『CAN SPEAK CAMPBELL』をサウンドチェック キャンベル缶スピーカーのサウンドチェック動画をUPしました。 トップに6cmフルレンジ、ボトムに6cmパッシブラジエーターを仕込むことで、サイズを超えたHiFiサウンドを実現しました。音はとても澄み渡った透明感のあるサウンドです。 ...

AkasakaBase 新しいネオンサインを飾りました!

アカサカベースを色鮮やかに彩るネオンサイン 今回紹介するのは、最近凝っているネオンサインについて。いま、わたしはかつてないくらいに、光るサインにはまってます。アカサカベースのパティオや談話室に飾るためのネオンサインを探しているうちにどんどん魅せられてしまい、気がつくとネオンサインが一つ、また一つと増えてしまったのでし...

コーヒー樽スピーカーの名前を決めました!

その名は『Sound Barrel』サウンドバレルです SNSで発表してみたら、またたくまに大反響を巻き起こしたコーヒー樽スピーカー。世界中には、樽を使った波動スピーカーはたくさん見受けられますが、ケルトン方式のスーパーウーファーを内蔵したのは、おそらく世界初だと思います。   アカサカベース発のコ...

コーヒー樽スピーカーの動画をUPしました!

大反響!コーヒー樽スピーカーのサウンドチェック動画です iPhoneでの撮影ですので、音の細部までは再現できませんが、雰囲気だけでも感じてもらえればと思います。樽の中には、ウーファーをケルトン方式で組み込むことで、サイズを超えた重低音を実現しました。温かみのある低音と、さわやかな高音がブレンドした絶妙のサウンドをお聴...

コーヒー樽を使ったスピーカーが完成!

見た目が渋いコーヒー樽を使って何をつくるか? 見た目が渋いコーヒー樽を入手しました。サイズは、直径28cm×高さ33cm、重さ2.1kgとまずまずの大きさ。ごみ箱や傘立てなどに使うものらしいのですが、アカサカベースでは、この樽を使って新しいサウンドグッズをつくりたいと思います。   スーパー...

特製!スティールボックスのサウンドグッズ

メイド・インUSAのアルミ製スティールボックス 今回は、アメリカ製のアルミでできた収納箱を使って何かをつくってみたいと思います。この収納箱、外観はヴィンテージ風につくられていて、なかなか風情があります。用途としては、読みかけの雑誌を入れたり、キャンプ用の食器入れとして使ったりといった使い方がメインなのでしょうが、...

AkasakaBase 光のパティオ計画 進行中!

アカサカベースの中庭が色鮮やかになりました! アカサカベースの中庭を色鮮やかに演出する秘密兵器がやってきました。ずっと憧れていたネオン管と電飾看板です。ハイネケンのネオン管は、業務用につくられたヴィンテージもので、現在では手に入らない貴重品。Heinekenの白いネオンを囲むように緑のネオン管が配され、その下には...

昭和レトロな電飾看板を取り付けました!

謎の看板「HITACHI Lo-D ローディ SYSTEM」!? さてこの看板、サイズが横幅126cm、縦19cmもある大型のもので、おそらく家電売場用につくられたサインのようです。内部には蛍光灯が仕込まれており、スイッチを入れると数秒後に点灯するようになっております。 裏側には「SOUND-IN!  NOW!...

パティオ用テーブルを防水コーティング

テーブルの天板をコーティングするのに使ったのは? ワシンのサンディングシーラーとクリヤーラッカーという塗料を使って、パティオ用テーブルの表面をコーティング加工しました。ラッカーは、ニトロセルロースという有機塗料で、主にヴィンテージのギターや家具などに使われていたもの。いろいろなブログを見ると、決して評判の良い塗料...

AkasakaBaseのパティオ用テーブルが完成!

AkasakaBaseのパティオ用のテーブルです 今日は、新元号が発表されるなど慌ただしい一日でした。でも、アカサカベースは動き続けます。今日の仕事は、中庭で使う作業台兼テーブルに、カラフルな色の板を貼ってレディメードの作品をつくりました。元々は、真っ白な天板だったのですが、晴れた日には反射がけっこうきつかったの...

Akasaka Base|オリジナルのオーディオ製品とアメリカ雑貨 アカサカベースでは、オリジナルの高品質なサウンドグッズ(スピーカー、アンプ等)、 トーマ・キャンベルがデザインした世界に例のないアイデアを活かしたメディアアートをはじめ、 大人の秘密基地にふさわしいアメリカ雑貨やコレクターズグッズなどをセレクトして販売しています。

〒107-0052 東京都港区赤坂7-5-46 #101

TEL:03-3584-0813

営業時間:13:00〜18:00
定休日:土日祭日

MAPを見る

Notice 工房へいらっしゃる場合は、事前にメールか電話で連絡の上お越しください。